アナルセックス初心者でも安心!準備からやり方まで丁寧に解説します

アナルセックス初心者でも安心!準備からやり方まで丁寧に解説します

こんにちは!
アナルセックスが好きな、元SM雑誌編集者のYoccoです。

アナルセックスは、セックス上級者が好むアブノーマルなプレイのひとつ。

一度ハマると、お尻でしか感じられない身体になっちゃうほど気持ちよくなれるのが、アナルセックスのすごいところ!

とは言え、アナルエッチは危険もつきもの。
行為前には事前準備と、正しい知識を頭にいれておくことが必須です。

「アナルセックスに興味があるけど、やり方がわからない。」

そんなあなたに、今回は初心者でも実践できるアナルセックスの準備からやり方までを紹介します。

せっかく興味があるなら、ぜひ最後まで読んで、アナルの気持ちよさを体感してください!

私の経験も交えて、あなたにアナルセックスの良いやり方をお伝えします!

アナルセックスの下準備。まずは浣腸から

まずは、カラダのすみずみまで清潔に!

アナルセックスが普通のセックスと違うのは、下準備が必要ということ。

アナルセックスは、お尻の穴におちんちんを挿れる性行為。
お尻=うんち」は付き物です。

清潔に安全にアナルセックスするために、アナルセックス前には浣腸で、出せるだけ便を出しましょう。

浣腸のやり方は、以下のどちらかがおすすめ。

  • イチジク浣腸
  • シャワー浣腸

スタンダードなのは、イチジク浣腸ですね。

浣腸剤がない場合は、シャワー浣腸が便利です。

便がでない、透明なぬるま湯になれば浣腸は完了です!

開発前には、爪もしっかり切っておこう!

アナルの開発のやり方

焦らずにゆっくり開発しよう

お尻の中を綺麗にしたら、アナル開発です!

開発なしでおちんちんを挿れると、痛くてなかなか入りません。

スムーズに挿入するために、開発は必須ですよ。

私はこの開発をしないでおちんちんを挿れられたので、激痛で相手を蹴り飛ばしました(笑)

ゴム手袋を準備する

普通のセックスと同じで、アナルセックスでもコンドームは必須。

特にアナルセックスは、性病の感染リスクがかなり高め。
アナルを愛撫する際は、必ずゴム手袋を使用しましょう。

フィンドムという商品は、指にはめるだけなので、装着がスムーズ。

フィンドム
フィンドム

ゴム手袋でアナルを愛撫したあとに膣を愛撫するときは、必ずゴム手袋は外しましょう。

手袋についた雑菌が膣に入ると、病気になってしまいます。

アナルをほぐす

アナルは括約筋をマッサージすれば、どんどん柔らかくなります。

リラックスしながら、アナル周辺にアナル用ローションを塗ってほぐしていきましょう。

アナル用ローションを使うメリット
  • 愛液の分泌されない腸壁を保護する
  • すぐに乾かない
  • ピストンをスムーズにする
  • アナルに優しい成分が配合されている

私のオススメは、「bda ORGANIC / オーガニックジェリーローションハード」。

天然由来成分なので、敏感肌の人にも安心ですよ。

指腹を使って、お尻の穴シワを優しく押しながらマッサージすると、括約筋が柔らかくなっていきます。

お尻穴中心に人差し指をあてがってみて、自然と穴の中に指が吸い込まれそうになったらほぐし完了です。

アナルビーズ(アナルパール)を使う

アナルビーズ

アナルビーズは、玉がいくつもついたアナル用のアダルトグッズ。

まずはおちんちん挿入の前に、アナルビーズでお尻の快感を味わいましょう。

ほぐれたアナルであれば、ビーズはすんなりと入っていきます。
それでもローションを使いながら行いましょう。

最初は違和感があるかもしれませんが、続けていくとだんだん気持ち良くなっていきます。

最初から気持ち良い人もいるし、続けてから気持ち良くなる人もいます。

アナルセックスいよいよ本番!

エッチの時も、ゆっくり丁寧に

さて、遂にアナルセックスです。

緊張せずに、リラックスできる空間作りをしましょう。

お香を焚いたり、音楽をかけたり…
お互いがリラックスできる工夫が大事です。

ステップごとに、詳しく解説していきますね!

緊張させると、アナルが締まってくるので気をつけて。

ステップ1、丁寧な愛撫をする

緊張をほぐすためにも、いつもよりたっぷり丁寧に愛撫しましょう。

クンニでイカせる方法のイメージで、アナル舐めしてあげるのも効果的。

アナルやその周りは普段あまり舐められないもの。

クセになる気持ち良さがあり、愛情も感じるので、愛が深まる愛撫ですね。

https://twitter.com/aoi220125/status/1530561493414346752

アナル舐めに抵抗がある人は、オーラルセックス用の性感染症予防グッズ「SHEER GLYDE Dams」を使えば雑菌の心配もなく、安心です。

ときには抱きしめて、安心させるのも良いと思います。

ステップ2、クリトリスor膣中でイかせる

アナルのことは一旦忘れて、中イキさせる方法で、まずはクリトリスや膣中でイカせてあげましょう。

まずは気持ち良いことに集中してもらうのです。

身体全身が性感帯になってしまうくらい、気持ち良くさせましょう。

快感で身体の力が抜けていくほうが、アナルセックスがスムーズにできます。

ステップ3、アナルに指を入れる

たっぷり愛撫をしたら、アナル用ローションを使ってアナルに指を入れていきます。

お尻の穴を指でくるくるとマッサージしながら、ローションをお尻のシワを伸ばしていく感じで揉みましょう。

穴の中心に指を当てると、自然と指が穴の中に引き込まれていきます。
なかなか入っていかない場合、マッサージをしながら指を第2関節くらいまで入れればOK。

ズボズボ指を出し入れするのではなく、関節を曲げたり伸ばしたりして、ゆっくり円を描くように広げてください。

慣れてきたら、指を2本にして、同じく円を描くようにアナルを広げます。

相手の反応を見ながらするのを忘れないでください。

私は、シックスナインの状態でクリを舐められながらお尻に指を入れられたことがあります。

初めてアナルをちゃんと開発されたんですが、クリの気持ち良さと同時に

「お尻に指が!」

っていう、不思議な気持ちになりました。

いけないことしてる背徳感もあって、精神的にも気持ち良かったです。

ステップ4、アナルが拡張したらペニスを挿入する

指で大丈夫そうであれば、コンドームをつけたペニスにたっぷりローションを塗って挿入です。

指で拡張できても、おちんちんはまだ大きいです。

挿入はゆっくりと!

アナルは入り口だけが狭いので、ここを突破できたら大丈夫です。
しかし、この入り口が難しいのです。

焦って無理に入れると、切れることも。
挿入する側は、相手が痛くないか確認しながら、ゆっくり行いましょう。

入れられる側は、リラックスすることが大事。
恐怖や緊張でお尻の穴を締めてしまっては挿入できません。

お互いが協力しあって、アナルセックスは達成できるのです。

ステップ5、すぐには動かさない。相手の反応を見てゆっくり動かす

無事におちんちんが全部入っても、すぐには動かしません。

しばらく動かずに、アナルの中が慣れるまで、乳首などの性感帯を愛撫してあげましょう。

相手の力が抜けてきたら、ゆっくりとおちんちんを動かします。

最初から感じる女性は少ないので、ここで焦って変なトラウマを作らないように。

アナルからペニスを抜くときも、勢いよく抜くとアナル内が傷つくことがあります。
入れる時と同じように優しくゆっくり抜きましょう。

おちんちんを抜くときって、意外と気持ち良いんだよね。

アナルセックスをするときの注意点

アナルセックスはあくまでも、アブノーマルセックス。

丁寧に行わなければ、性感染症やケガの原因となることも。

以下に注意して、安全にアナルセックスを楽しみましょう。

最初はアナル射精を目標にしない

アナルで男性が射精するには、激しい動きが必要です。

自分が気持ちがいいからといって、いきなり速く動かしたり奥まで突いたりしてはいけません!

最初はアナルで射精することは諦めましょう。

挿入できて少し動かせるくらいが、初心者にはちょうど良いです。

アナルセックスが苦手な女性も多いですからね。

最初はトラウマを与えないためにも、射精を目標にしないこと。

アナルセックスがどんなものなのかを知るだけでも大きな進歩です。

少しずつ回数を増やしていき相手も感じるようになってきたら、射精を目標にしましょう。

血が出たらすぐに中断

アナルから血が出たら、すぐに止めてください。

少し切れているくらいであれば、軟膏を塗れば大丈夫です。
私がよく使うのは、オロナインH軟膏です。

これは外側だけを塗るようにしましょう。
アナル内は塗らないでください。

アナルの内側からの出血は、素人判断せずに病院へ!

まとめ

背徳感たっぷりのアナルプレイを試そう

アナルセックスは慣れるまでは大変です。
挿れられるほうの身体の負担もあります。

「普通のセックスのほうが気持ち良い」という女性が多いのも事実。

それでも、アナルの背徳感は通常のセックスでは得られません!

きちんとアナルセックスに関しての知識を持って開発すれば、病みつきになるほどの気持ちよさを味わえます!

あなたも正しいやりかたと知識を持って、アナルの気持ちよさを体感してください。

恋人同士であれば、愛されている感じがして幸せな気持ちにもなれますよ。

コメントを書く(何でもどうぞ)

が付いている欄は必須項目です