中出ししたい!気持ち良い生ハメ・中だしセックスする手順を女性が解説

「セックスで中出ししたい!」
「生でセックスしたい」

気持ちいいセックスを追求すると、行きつくのが「生ハメ中出しセックス」。

セックスで、心も体も大満足できるのが中出しです!

実際に「彼氏とは生でセックスしたい」「中出ししてほしい」って考える女性は少なくありません。

生ハメは男だけでなく、女性もすごく気持ち良いです!
私は生が好きで、ゴムがあるとなんか痛いんですよね。

でも、生ハメ中出しセックスはリスクもつきもの。
どうすれば中出しセックスを楽しめるのか?

  • 生ハメを楽しむ方法は?
  • どうやったらパートナーが中出しOKしてくれる?

今回はパートナーと中出しセックスを楽しむ方法を教えちゃいます。

生ハメの快感を知ると、ゴム無しじゃ物足りない!

中出しセックスに持ち込む方法!まずは外出し生ハメから

開発が進み、今やコンドームは0.01ミリまで薄くなりました。

サガミオリジナル001

引用:サガミオリジナル001
 
しかし、この薄い壁1枚でも生ハメの快感には勝てません。

自分のパートナーが中出しを嫌がる場合には、どうすればOKをもらえるのでしょうか?

中出しセックスに持ち込む方法を教えます。

まずは生ハメの快感を教えるのがポイント!

【ステップ1】ゴムと生の気持ち良さの違いを教える

生ハメができるようになると、中出しへの近道になります。

絶頂が近づいたときゴムの壁がないだけで、我慢しなければ中出しできちゃうんです。

まずはパートナーに、ゴムと生の違いをしっかり教えてあげましょう。

ゴムなしの気持ち良さとは
  • 仮性包茎の場合、出し入れするとき皮がズレて当たるので気持ち良い
  • おちんちんの凹凸や硬さ、脈打つ感じがわかる
  • カリ首のひっかかりが気持ち良い
  • パートナーとの一体感
  • ゴムありだと棒が入ってるかんじだが、ゴムなしだと相手を実感できる

ゴムありで挿入したら、パートナーに感触をよく覚えてもらいます。
次にゴムなしで挿入です。

ゴムなしだと、擦れるときの感触やおちんちんの凹凸がしっかりわかって女性も興奮します。

さらにカリ首の引っ掛かりが、最高に気持ち良いです。

このように、ゴムをつけていると分からない違いがあるのです。

それに好きな人のおちんちんが生で自分の中に入っていると、すごく一緒になれた感が強くて幸せに感じます。

違いが分からないようなら、気持ち良さを口頭で伝えて再度生ハメです!

【ステップ2】生おちんちんの快楽を覚えさせる

パートナーに生ハメの気持ち良さを分かってもらえたら、いつも生おちんちんが良いと思ってもらいましょう。

まずは、あなたがセックスを頑張ること。

クンニでイカせる方法で前戯に時間をかければ、彼女は早く挿れて欲しくて仕方なくなります。

そこで生ハメの気持ち良さが加われば、パートナーは生おちんちんの虜に!

  • 生って気持ち良い!
  • ゴムなしのほうが興奮する!
  • 外出しでも意外と妊娠しないのね

こうやってあなたに会うたびセックスしたくなるほど、快楽を与え続けましょう。

パートナーがあなたとの生ハメセックスの快感を覚えたら、毎回セックスは生ハメです。

生ハメの実績を積み重ねていけば、中出しokはもうすぐです。

【ステップ3】我を忘れるくらい感じさせて本人から言わせる

生のおちんちんを使って中イキさせる方法でイカせてあげれば、どんな女性も生ハメにハマります。

セックスって本当にすごく気持ち良いものなんです。

特に女性の気持ち良さは、言葉にすると「もうこのまま死んでもいい!」ってくらい。

気持ち良すぎて乱れに乱れまくったとき、普段言えない言葉も出てくるから不思議。

 
「愛してる」

「もっと奥を突いてぇ」

「このまま中にちょうだい!」

 
ほんとに不思議なんですけど、恥ずかしいとか忘れて私も言っちゃいます。

快感ってすごく幸せに包まれて、彼氏が愛おしくってたまらなくなるんです。

あなたも彼女をエロくする方法で乱れさせちゃおう!

中出ししたいなら、女性を安心させること

まずは「安心」を相手にあたえること

生ハメの良さが分かってもらえたら、次に中出しをどうOKしてもらうか?

これはハッキリ言って、パートナーを安心させることが1番大事。

女性にとっては妊娠は一大事です。
この大きな不安を取り除いてあげれば、あとはもうなんでもOK!

2人で話し合って、どんな対策をとっていくか考えてね。

責任を取るとはっきり言う

男にとって覚悟しないといけないセリフかもしれませんが…

中出しをOKしてもらうために、はっきり宣言しましょう。

もしも妊娠したら、結婚するまでの覚悟がある態度を見せるのです。

そもそも妊娠は実際、そんな簡単なことではありません。

健康な男女が一番妊娠しやすい時にセックスしたとしても、自然妊娠する割合は30%

年齢別自然妊娠率

引用:年齢別自然妊娠率
 
年齢が上がれば上がるほど、妊娠の割合も低くなっていきます。

とは言え、初めのうちは安全日を狙うようにしてください。

ピルを飲んでもらう

女性の負担になってしまいますが、低容量ピルを飲んでもらう。

これは毎日きちんと飲んでいれば、99.7%避妊ができます。

コンドームとピルはどっちが避妊率が高い!?

引用:コンドームとピルはどっちが避妊率が高い!?
 
ピルのメリットとデメリットを比べてみましょう。

ピルのメリット
  1. 避妊できる
  2. PMSの改善
  3. 生理痛がほぼない
  4. 生理不順がなくなる
  5. 子宮内膜症の改善
  6. ニキビや肌荒れの改善
  7. 卵巣がんや子宮体がんの予防
ピルのデメリット
    1. むくみ
    2. 吐き気
    3. 頭痛
    4. 血栓症
    5. 毎日忘れずに飲まないといけない
    6. お金がかかる
    7. 定期検査が必要
※デメリットの1~3の部分は、飲み始めの体が慣れていない時期に出やすいとされていますが、その後改善されます。(飲み始めてから1ヶ月〜2ヶ月ほどの間)

メリットとデメリットを比べても、良いことのほうが多いです!

これはパートナーと相談して決めなくてはいけないので、相手が納得するまで話し合いましょう。

また、アフターピルは避妊に失敗した人が飲むピルで、別名「緊急避妊薬」。

低容量ピルよりも、吐き気や嘔吐の副作用が強く出ます。

避妊失敗後から72時間以内に飲めば、97%の避妊効果があります。

アフターピルの効果

引用:緊急避妊薬・アフターピル
 

アフターピルを飲んだことがあるけど、吐き気の副作用がしんどかった…
私としては、低容量ピルをオススメします!

危険日を把握する

パートナーの生理周期を教えてもらって、一緒に危険日を計算しましょう!

危険日とは
危険日とは、排卵日の初日から3日前と排卵中であるとされる約5日。
そして排卵が終わった後の1日を言います。

排卵が起こっている次の生理予定日の14日前頃が、いわゆる危険日。

とは言え、安全日でも妊娠することも。
生理不順の人は特に、排卵日の予定が狂いやすいです。

妊娠を望まないのであれば、避妊しなくてもよい日というのは実際ありません。

あくまでも目安です。

女性が中出ししてほしくなる瞬間

中に出して欲しいってこんなとき

パートナーから「中出しして」と言わせよう。
男から言うよりも、断然中出ししやすいですから。

女性にも中出ししてほしくなる瞬間が、実はあります!

一体どんなときに、中出しされたくなるのか?
女性の心理に迫ってみましょう!

気持ち良すぎて

我を忘れるくらい気持ち良くなったとき、おちんちんを抜いてほしくなくて、思わず

「このまま中に出して」

そう言ってしまうことがあります。
もう動物的本能なのでしょうか。

妊娠とか何も考えられなくて、そのときは中に出してほしい気持ちでいっぱいになります。

そんな瞬間を逃さなければ、相手のOKも取れてすんなり中出しできます!

まずは相手を気持ち良くさせることが大事ですね。

結婚したい

女性が自分から「中出しして」と言うとき、子供ができて結婚したいという気持ちがあります。

好きな人の子供だから、欲しい。
これは女性にとって自然なこと。

女性に覚悟ができたとき、自然とあなたの精子を受け入れられるんです。

彼氏を喜ばせたい

女性のリップサービスで「中出しして」と言うことがあります。

後先のことは全く考えないで言ってしまうことが多いです。

ですがいざ妊娠してしまったら、彼女のほうがパニックを起こす可能性も。

それでも本人から言っているので、中出しすることは可能です。

継続的な関係にするためにも、中出しはとにかく同意が大事!

中出しするリスクと注意すること

中出しをする前にチェックしたいこと

中出しって気持ち良いことだけど、色んなリスクがあります。

これだけは守って、お互い中出しセックスを楽しんでくださいね。

許可なく中出しすることは絶対NG

パートナーから同意をもらえなかったときは、絶対に中出ししちゃダメ!

無理矢理するっていうプレイならいいけど、OKをもらっていないのに中出ししたらそれは強姦です。

無許可で中だし後、連絡先全部ブロックしてヤリ捨てる方法を紹介している記事もありますが…。

恋人間や夫婦間でも強姦罪は成立しちゃうことを、覚えておいてくださいね!

妊娠する可能性があることを覚悟する

中出しするということは、やはり妊娠する可能性が必ずあるということ。

これはもう覚悟を決めてください。

すぐできるわけじゃないけど、いつかはできるかも。
そうなっても大丈夫な相手と中出しはしましょう。

性病が感染する可能性がある

コンドームをしていない場合、性病に感染する可能性があります。

パートナーだからといって、性病がゼロというわけではありません。

例えばカンジタ
この菌は女性の膣に常にいます。

体調が悪いときや、免疫が低下しているときに悪さをします。
そのときに生ハメすると、男性にもうつってしまいます。

相手の体調や、浮気されていないかなどのチェックも忘れずに。

まとめ

リスクを踏まえて中出しをしよう!

中出しはすごく気持ち良くて、愛あふれるセックス。

だからこそ、本音では中出ししてほしい女性も多いんです。

とは言え、必ず同意の上で行ってくださいね。

女性が中出ししてほしくなる瞬間を狙って、お互い気持ちの良い中出しセックスを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。