セフレ募集・セフレ探しなら、出会い系を使うのが一番!

セフレ募集・セフレ探しなら、出会い系を使うのが一番!

面倒な話を一切抜きにして、素人とセックスをしたいのであれば、やはり「セフレ」を作るのが一番の近道。

セフレの探し方に関しては、他サイトでも色々な方法が紹介されていますが…。

私の結論として「出会い系サイトを使う」事をオススメします!

  • なぜ出会い系がいいのか?
  • どうやったらセフレを作れるのか?

セフレ募集の方法、セフレの作り方を、実体験を元に解説していきます。

出会い系が一番オススメ出来る理由

出会い系が一番オススメ

過去、出会い系というと「サクラしかいない」「騙される」など、悪いイメージが多かったです。

そんな中、どうして出会い系がいいのか?
出会い系サイトを使うメリットを紹介します。

セフレ募集で人気の出会い系サイト

素人女性の参加が増えた

ペアーズタップル誕生など、マッチングサイトの認知度が高くなったことで、出会い系でも素人女性の参加が一気に増えました。

大手上場企業がマッチングサイトを運営するようになり、「出会い系=怪しいサイト」というイメージがなくなったんです。

その効果は絶大で、今までセックスフレンドとは無縁だった女性まで、出会い系に参加するくらい。
ここが、出会い系をオススメする最大の理由です。

女性が増えたことで、一気に会いやすくなりました。

マッチングサイトのおかげで、出会い系に女性の参加者が増えたことは間違いありませんね。

セックス目的で参加している

女性の目的が、あなたと同じセックス希望なのもポイント。

出会い系サイトの参加する目的として恋愛探しもありますが、一番はセックス目的で参加します。

つまり、目的が同じなので話が早い。

普通に生活をしていたら、40代のサラリーマンと20代の女子大生が、セックス目的で知り合うことは非常に難しいでしょう。

ですが、出会い系サイトを使っていれば、特に珍しい話ではありません。

新潟県知事が買春辞任 女子大生2人と「月2回」

元新潟県知事が、女子大生と会っていたニュースも出るくらいです(これは買春ですが)。

看護師さんや保育士さん、昼ドラに出てくるような普通の主婦とも、セックス目的で出会えます。

欲求不満な素人との本気セックスは風俗の比ではないですね。

いつでもセフレ探しが出来る

スマホの普及で、移動時間や隙間時間を利用して、セフレ探し出来るのはとても便利。

出会い系アプリ出会い系アプリ例


ナンパや同窓会の同級生をセフレにするパターンでは、その場所に行く必要がありましたからね。

今は電車の中や、飲食店での注文待ちの時間、仕事の休憩のついでなど。
いつでもどこでも、相手を探す事ができます。

周囲に内緒でセフレ募集できる

わずかな隙間時間でセフレ探しできるという事は、周囲に内緒で探せるという事。

しかも、普段の生活と接点のない女性と会えるので、バレるリスクはかなり減らせます。

社内不倫や元カノあたりとセックスすると、共通の知り合いから情報が漏れてしまう危険性が非常に高いですからね。

既婚者の場合、内緒で探せるのは、とても大事。
嫁バレは最悪のケースがありますからね^^;

料金が安い!そして安心

料金が安いのは、非常に重要なポイントです。

だいたい、1000円〜3000円程度のポイントで、十分に出会いのチャンスがあります。

ポイントは自分で購入するシステム。
自動的に引き落としをされてしまい、気がついたら高額請求される事は一切ありません。

サイトによっては無料ポイントを都度くれるので、使い方によっては無料で遊ぶ事が可能です。

無料で参加出来る・辞めるのも簡単

料金が安い項目とも近いのですが、出会い系サイトに登録した際、無料ポイントがついてきます。

そのポイントの範囲内であれば、無料で遊べるので、

  • 自分の地域にどれくらい参加者がいるか?
  • 使い勝手がいいか?

を試すことができます。

継続して使いたい場合のみ、ポイント購入する必要があるって事ですね。

また、退会も簡単。
メニューから退会申請するだけで、すぐに辞めれます。

年齢確認・運営がしっかりしている

プライバシー保護や年齢認証等、セキュリティー面でも厳しいチェックを行なっています。

未成年と出会うトラブルはありません。

キャッシュバッカーや業者もいないとは言えませんが、バレると退会処分となるため、それほど心配しなくて大丈夫です。

こんなセフレ募集はNG

こんなセフレ募集はNG

続いて絶対にやめておくべき、セフレ募集の方法を紹介します。
今回、検証する機会がなければ、私も手を出さなかった方法です。

実際にデータを取ってみて、改めて「ハイリスク・ノーリターン」なセフレの探し方だなと実感しました。

twitterでセフレ募集

Twitterを見ると、「裏垢」「オフパコ」「セフレ募集」などのハッシュタグをつけて、ツイートしている女性を見かけます。

Twitterでのセフレ募集アカウント

一見、セフレ募集のアカウントに見えますが、その実態は「業者」or「釣りアカ(いたずら)」。

業者とは
メッセージ交換の際に、高額な料金がかかる別サイトに誘導。
登録後はそのサイトでしか、やりとりしてくれなくなります。

ちなみに釣りアカは、ただ無駄なメッセージ交換で時間を浪費するだけ。

どちらにしても、会う事すらできません。

実際に会えるセフレ募集アカウントもありますが、ただの援助交際・割り切り目的ですね。

そして、その女の子が18歳以上である保証はありません。

Twitterは年齢確認がないため、会ってみたらお小遣い目当ての中学生だった…。
そんな笑えない話も現実にあります。

児童買春はよくニュースになっています。
安心安全にセフレを探したい人は、手を出さないようにしましょう。

LINE掲示板のセフレ募集

LINE掲示板でセフレ募集している人を見かけますが、基本的にはTwitterと変わりません。

女性の書き込みはサクラが大半。

メッセージを送ると、適当な理由をつけられて、高額な悪徳サイトに誘導されます。

LINE掲示板のセフレ募集アカウント

LINE掲示板は、趣味友達募集ぐらいなら有効かもしれません。

趣味の話から発展させて、出会える技術を持っている人なら、LINE掲示板もアリかなとは思いますが…。

最初からセフレ募集で使うのは難しいです。

未成年との出会いに関しては、twitterの方が危険性が高いですね。

ペアーズ・タップル誕生など、マッチングアプリ

正直、「出会える」という意味に限っては、マッチングアプリはかなり有効です。

実際、私の友人にもペアーズを通じて知り合い、結婚に至ったケースもあります。

しかし、今回見つけたいのは彼女や結婚相手では無く「セックスフレンド」。

真面目なマッチングサイトは、女性も真剣交際を前提に登録しているため、セックス目的の出会いには不向きです。

元々、出会う目的が違うわけですからね。

結婚目的の女性をセフレと考えて接すると、後々、トラブルに発展することも考えられます。

マッチングサイトは信頼性を確保するため、ある程度の個人情報を公開する必要があります。

身バレの可能性も高いのも、セフレ募集に不向きな理由と言えます。

Facebook認証が無いマッチングサイトもありますが、どっちにしても恋活目的で参加しているので、やめておいた方が無難です。

完全無料の出会いアプリ・無料のセフレ募集掲示板

論外ですね。

セキュリティやアプリそのものの信用性も不十分。
スパムアプリ(スマホの情報が全部抜かれてしまう)もあります。

一般女性が参加しているかも怪しいです。

そもそも、完全無料だと男性が多くなりすぎて、競争が激しく出会えません。

出会い系でのセフレ探しは、サイト選びで結果に大きな差が出ます。
完全無料のサイトで、セフレが出来る事はありません。

セフレ募集で人気の出会い系サイト