出会い系で主婦とのセックスを狙った結果→ヤれた体験談

出会い系で主婦とのセックスを狙った結果→ヤれた体験談

はじめまして、リョウです。

気づけば三十路間近。
周りは結婚してどんどん新しい出会いの機会は無くなっていくこの頃…

大学生の頃はバイトやら合コンやら何かしら出会いはあったものの、社会人になってからはさっぱり。

コールセンター勤務だから女子は多いけれど、既婚者ばかり(泣)

しかしムラムラはとどまることを知らず(笑)

風俗はプレイ時間も限られてるし金も持たないしで、かといって悶々とする毎日もなんとかしたい。

ということで、最近は利用者が拡大中と噂の出会い系を半信半疑で始めました。

出会い系の中でもネットで調べて良さそうだったハッピーメールを使ってみます。

ハッピーメールでお相手探し

とりあえずサイトに慣れる事も兼ねて「友達募集掲示板」を覗いてみると。

結構…というか、かなりの数の書き込み。

まずはネットで調べた通りプロフィールの項目をしっかりと作り、女の子に送る文言もそれとなく丁寧でフランクな内容に…

そして掲示板の投稿が新しい女の子中心に無料ポイントの範囲でメッセージを送信。

当たるかどうかは運とプロフィール次第ってところですかね…

結局その日は返信もなく。
ちょっとガッカリしていたものの、次の日にふとチェックするとメッセージの着信がありました。

「はじめまして。メッセージありがとうございます!こちらこそよろしくお願いします。」

なんてありふれた返信…

いや、初めはこんなもんなの?即レスだから?

そう思いながら、返信に浮かれて数通メッセージ交換を続けて色々聞いていると…

どうやら結婚している主婦とのこと。

  • 36歳で結婚して3年目の主婦
  • 子供はいない
  • 夫とは仲が悪いわけではないが、何となく登録してみた

という感じで、やりとりしてて思ったのは、ほんとに普通の主婦さん。

しかし会社の既婚者女性とは違う出会い方というだけで、プライベートだとなんだか興奮します。

人妻の住む場所とは距離もそこまで離れておらず。

本物かどうか確かめたい気持ちも先走って「とりあえずランチでもいこっか」と誘うと、すんなりOK。

ラインを交換して待ち合わせの約束までできて、順調です。

ハピメからラインに移行して人妻とランチの約束


人妻と初めてのランチデート

当日は大阪難波のマルイ前に13時という約束だったものの、楽しみすぎて少し前に到着。

約束の時間が近づくにつれてドキドキしてきます。

風俗の順番待ちとは違うこの感じ…なんとも言えないですね(笑)

そして約束の時間。
姿を現した人妻を見ると、想像していたのがより全然よかったです。

割と普通の主婦をイメージしてたので、36歳にはみえない若さ。


「はじめまして」

「待ちました?どこかで話しましょうか。」


とりあえず、特に何を食べるとかどこのお店にいこうとか決めていたわけでもないので、軽くお茶でもと近くにあったロイヤルホストへ。

どうも彼女はライン上より会った時の方がかなり喋りやすい人のようです。

まぁその方が関係も築きやすいですね。

色々聞くと、ハッピーメールのことは、女性ファッション誌で知って登録してみたらしい。

これまで1人とだけ会ったことがあるらしく、年下君が好きなようで若い子と話がしたかったとのこと。

お茶の後は1時間ほど服をみたり雑貨屋をまわったりして、その日は夕方前に解散。

裏がラブホ街なので、あわよくばこのままと考えていましたが…

思いのほかガードが固そうなのでとりあえずやめておく事に。

せっかく会えたチャンスは逃したくないですからね!時間がかかるのはやむなしです。

初回はほとんどトークだけで終了…


まぁ普通におしゃべりしているだけでも何だか楽しかったので、もしかして彼女のペースに巻き込まれていたのかも…

会う回数を重ねてセックスチャンスゲット

ラインでさりげなく「お酒飲めるー?」と聞いてみたところ。

「大好き!!」と返信があったため、居酒屋に誘ってみると飲みにいける事に成功。

今夜こそ人妻のおっぱいにむしゃぶりつければ!

…と息子を昂らせ、夜7時にまた難波で待ち合わせて合流。

旦那さんは帰りが遅い事と、よく友達と飲みに行くから、終電に間に合えば大丈夫らしい。

しかし…実際に飲みにいくと結局、酔う事もないまま2時間ほどたち、二人ともお腹いっぱいに。

「明日朝早いから!またね!」

と流れでその日は解散。
ガードは思った以上に堅いのかなんなのか…

会う回数を重ねて主婦との関係も良くなっているはず…


せっかく出会えた主婦なもののどうかと思ってた矢先


さらに10日ほど経って再び会えて、今度は割と食事メインの居酒屋に。

エッチはもう諦めていいのかどうか…と感じてたのですが。

待ち合わせに来た人妻の服装を見るとテンションが上がりました。

少し胸元が開いておりブラ紐もくっきり見えているし意外と大きい!

そして店につき、ワインを飲んで酔いの勢いにまかせて人妻との距離を詰めてみたが、特に嫌がられていない様子。

人妻のおっぱいに見とれていると、

「今、胸見てたでしょ?(笑)」

まじまじと見てしまったためにバレてしまった(汗)

「え、あの……ごめん笑大きいなと思って(笑)」

「もう!(笑)」

いい雰囲気のまま、話題はラインの続きになり、

「若い頃はあまり遊んでないんですか?」

「正直あんまり…合コンとかもあんまりいってなかった」

今は月に一度夫婦の営みがあるかないからしい。

エッチするのは月に一度だが、フェラをしてあげる日は週に一度くらいらしい。

「フェラ好きなの?」

「お口でするのは正直好き」

そのまま流れでおっぱいに手を伸ばすと…

「もう!笑 だーめ!(笑)」

と笑いながら拒否。
酔いも回ってぼーっとした気持ちだったが、一気に現実世界にひきもどされた気分に。

居酒屋を出てホテルに

店を出ると時間は20時半くらい。
人妻は結構酔っていて足元がおぼつかなく、腕を組むと体を預けるようにがっちり腕を組みにきてくれました。

ここで行かなきゃ男じゃない…!

と思い勇気を振り絞り一言。

「どっかで休憩する?」

「え…ちょっとだけなら良いよ!」

キター!と思いながらも裏路地にあるラブホへ。

お互いシャワーを浴び終わると少し酔いが覚めてきた様子の人妻。

「ちょっと暗くして…」と照れているのがやはり可愛い…

いよいよ待望の主婦とのセックスに興奮

ベッドでバスローブを脱がすと、キレイなお椀型のおっぱいがポロリ。

Cカップくらいで人妻の割に色も綺麗です。

キスをすると「んんっ…」と声が漏れ、一緒に胸を触るとさらに声が大きくなってきます。

「ちゃんと触られるの久しぶり…」

どうも責められるのが好きなようで、太ももの付け根からゆっくり舌を這わせると、

「あかん…舐めて!」

とお願いしてくる人妻。

焦らしに耐えられず、いらやしい体液が垂れてしまっています。

「うぅうん!!はぁっっっっ!」

クリを舌でゆっくりゆっくり舐めていると、腰が激しく動き、わずか2、3分程でイってしまいました。

そして少し休憩してシックスナインの体勢。

お互い愛撫しあっていると人妻もぐちゃぐちゃに濡れているのでゴムをつけて正常位で挿入。

締まりは普通なものの、かなり濡れているため入れるのもスムーズです。

奥まで突くと声も大きくなり、しばらく刺激していると、

「ダメ…ダメ!」

と息遣いはさらに荒くなり…

奥まで突きながらのクリ責めをしていると、全身の痙攣と同時に締め付けが一気に強くなります。

体位をバックに変えてさらに突くと、

主婦が欲求不満なのは本当だとセックスでわかりました

「もう、もうあかん…!あ゛っ!!あ゛あ゛っ!!」

と乱れたところで私もゴム射でイってしまいました。

その後の丁寧なお掃除フェラをしてもらっていると…

全身の精気を吸い取られる気分になって征服感がとてつもない(笑)

濃い人妻のセックスに病みつきになりそう

さすがにお泊りはマズいので、セックスの後に少し休憩して23時半頃にホテルを出ると、

「またご飯でもいこうねー」

と待ち合わせした駅前でお別れ。
濃厚な人妻とのセックスを思い出してぼんやりとしつつ、その日は帰って寝ました。

とりあえず関係だけは繋げておきたいので、次回のセックスに期待しながらラインでの連絡を継続しています。

特に嫌がるわけでもないので一応キープできたのかな…?

1度セックスすればかなりハードルは下がるので、エッチ込みの飲み会になるのが楽しみです。

連絡を重ねた甲斐がありました。

ご無沙汰の人妻さんと過ごせた激しい夜には実に大満足です!

人妻と熱いセックス出来た→ハッピーメール


セフレ体験談