セフレの作り方を女性が教えます

女性が教えるセフレの作り方

女性が教えるセフレの作り方

エッチしたいけど彼女がいない、風俗に行くお金もない…。
そんなときにセフレがいるといいなーと考える男性は少なくないようですね。

大人の関係であるセフレとは、面倒な恋愛感情抜きで気持ち良いエッチを追求できるのも良いですよね。

実はセフレが欲しいと考えるのは男性だけではありません。
何となく寂しいとき、ムラムラしてエッチがしたくなるとき…などなど、女性だって彼氏がいなくてもセックスがしたくなることがあるんです。

そんな女性たちを上手く見付けて、セフレになるためのコツを女性の本音からお伝えします

男性目線でセフレの作り方を紹介した記事は多いのですが、女性目線で紹介した記事は少ないですよね。

どういう点に気をつけて、どういう事をすればセフレが作りやすいかを解説した記事になります。

女の子の「エッチしたい空気」を見逃さない

恋愛感情は全くない男友達なんだけど、外見や体つきはいいんだよなーと思うことって結構あるんですよね。
ちょっと1回エッチしてみたいなーなんて思うこともあります。

でもまさか「エッチしようよ!」なんて女性からは言えません。

そこで、女の子は行動や仕草で「エッチしたいアピール」をするんです。
  • 身体を触る
  • 二人でお酒を飲みたいと言う
  • 部屋で二人きりで過ごす

恋愛感情が感じられない女性・彼氏がいる女性に、このような行動が見られる場合には「エッチしたい」と伝えているのかもしれません。

もちろん単に親しくしているだけかもしれないので、ボディタッチで返したり軽い下ネタを振ってみるなど探りを入れてみましょう。

それでも嫌がらずに盛り上がれるようなら、少しずつムードを高めてエッチの雰囲気に持っていきましょう。

お店で飲んでいるなら部屋に誘ってみる、部屋で過ごしているなら照明を落としてみるなどが有効です。
相手の反応をよく見ずに先走ってしまうと、関係が壊れてしまうので注意してください。

ちなみに私は、友達とエッチしたいときにはどちらかの部屋でお酒を飲んでみます。
多少酔いが回ってきたところで少しずつ距離を詰めて、最終的に密着して座ります。

そこで離れるようなら脈なしと見て雰囲気を変えますし、指を絡めたり応じてくれるようならキスをしたり誘いにかかります。

男性からだとここまで積極的に行動するのは難しいかもしれませんが、友達であっても男性と二人きりで部屋でお酒を飲むのは、関係を持っても良いと考えている可能性が高いと思って問題ないと思います。

ここで気を付けたいのは、友達からセフレになったときにダラダラと恋人ごっこをしないということです。

翌朝もイチャイチャしたり帰り際にキスをしたり…などと恋人ごっこをしていると、友達に戻りにくくなってしまいます。

恋愛感情が芽生えて面倒なことになるか、気まずくなって話しにくくなるかのどちらかです。

セックスが一通り済んだらいつも通りの対応をして

「いやーごめん、よく見たらすごい魅力的でついエッチしたくなっちゃった。
すごい良かったわ~また今度気が向いたらしようよ(笑)」

くらいの軽いノリにしておいた方が、女性もエッチの意味について深く考えなくて済みますし、またエッチさせてくれる可能性が高くなります。

継続的にエッチができる関係を作るために、普段は今まで通りの友達として対応するように気を付けましょう。

チェックポイント 友達からセフレになるためには、女性からのサインを見逃さないようにしましょう。
少しずつ探りを入れながら雰囲気を作ることも大切ですよ。


セフレを見付けるなら出会い系サイトで

セフレを見付けるなら出会い系サイトで

上では友達からセフレになる方法をご紹介しましたが、実際には知り合いと大人の関係になるのはかなりリスキーです。

相手がそのつもりではないのに誘ってしまった場合、今までの関係が壊れてしまう可能性が高いですし「友達だと思っていたのに襲われた」と言いふらされることもあります。

本当は嫌なのに断れない…という女の子もいますので、合意の上だと思っていたのに「無理矢理エッチした」と捉えられることもあるんです。
女の子の気持ちって難しいんですよ。

そうなると周りの人間関係が崩壊してしまいますよね。

ナンパからセフレに…というパターンもありますが、かなり難易度が高いです。
そもそもナンパの成功率は著しく低いのに、そこからセックスができるまでに持っていくとなると、顔や話術に相当自信がある上に幸運も持ちあわせている必要があると言えますよね。

リスクや難易度を低くセフレを作るのなら、エッチに興味がある女性が集まっているサイトを使う方が効率的だと思います。

そんな人いるの?って思うかもしれませんが、私も何となくエッチがしたいときには出会い系サイトを使っていましたよ。

ちょっと変わったエッチがしたいと思っていたので、知り合い以外と繋がれるネットの出会いは好都合でした。

男性としても、純粋にエッチを楽しむのなら元からの知り合いではない方が楽ではないでしょうか。

特に私のようにアブノーマルセックスに興味がある方は、エッチの嗜好に合わせて相手を選べるメリットがありますよね。

多くの出会い系サイトでは恋人を探すピュア系掲示板と、大人の出会いを探すアダルト掲示板で分かれているので、目的に合わせて相手を探しやすくなっています。

セフレ募集サイトとして使える大手出会い系サイトはこちら

多少はお金がかかるものの、上手に使えば無料のポイントでもある程度やり取りができますし、友人関係にヒビが入るようなエッチをするよりはずっといいと思いますよ。

チェックポイント 友達とセフレになろうとすると人間関係が壊れてしまう危険性があります。
エッチが好きな女性を出会い系で探す方が安全です。


「セフレ」という言葉は嫌がられることが多い

「セフレ」という言葉は嫌がられることが多い
誰かとエッチしたいなぁーと思って出会い系サイトに登録している女性も「セフレ」になろうと言われると反発したくなるものです。

女性としては、何となくセフレという言葉には良いイメージがないんですよね。

男性的には「セフレがいる」ってうらやましいことなのかもしれませんが、女性的には恥ずかしいことって感じます。

そのため「ちょっといいな」と思っている男性からアプローチされたとしても「セフレになろう」と言われてしまうとガッカリしてしまいます。

でもセフレなんて言葉を出さずにちょっと飲みに行ってホテルに行くのはOKだったりするんです。
その次からはホテル直行でもOKかもしれません。

男性としては何が違うの?って感じかもしれませんが、女性としては大きな違いです。

「まずは一緒にお酒でも飲んで、気が合いそうならそのまま楽しく過ごしませんか?」

などであればセックスという言葉を出さなくても、お酒を飲んだ後にエッチをしたいと読み取れます。

もっとエッチしたい!という意思を匂わせるなら

「秘密の関係になれる相手を探しています。
素敵な時間をかけて過ごしましょう!」

なども良いですね。

ここで大切なのは最初から継続的な関係を期待しないことです。

一度会ってエッチをして、二回目会ってもらえるかどうかはデートやエッチの内容にかかっています。
セフレとはなろうとしてなるものではなく、結果としてそうなるものと覚えておいてくださいね。

チェックポイント 手っ取り早くエッチしたいと考えるなら、敢えて言葉を選んで回り道をするのが正解です。
エッチしたいと思っていても、しようと言われると恥ずかしくなる女心に配慮してくださいね。


出会い系サイト攻略は積極的に話しかけるのが正解

出会い系サイト攻略は積極的に話しかけるのが正解

根底に「誰かとエッチしてもいいかも」なんて気持ちがあったとしても、漠然と何となく寂しいからという理由でサイトに登録した女性は多いものです。

明らかなエッチ目的ではないからアダルト掲示板には書き込みしにくい、でも真面目な出会い目的でもないからピュア掲示板にも書き込めない。

私も初めて掲示板に書き込みをするまでにはかなり時間がかかりました。

そうやって登録だけして何もせずに終わってしまう女性も多いんですが、男性的にはもったいないですよね。

出会いたい気持ちはあるけど行動に移せない、そんな女性たちをすくいあげるのがセフレ探しでサイトを使いこなす攻略法です。

掲示板への書き込みと積極的にメールを送ることを徹底して欲しいのですが、ここでも「セフレ」「セックス」「エッチ」などの言葉を出すと返信率が下がってしまいます。
(アブノーマルエッチな出会いに限った掲示板など、特殊な出会いを応援する掲示板がある場合には直接的な言葉が有効な場合もあります。)

ポイントとなるのは、出会い系サイトを使う女性の多くが寂しい、物足りない、愛されたいと感じていることです。

友達の結婚式に出たあとなど、一人の自分がイヤになり突発的にサイトに登録などはよくある話です。
心の寂しさって身体の結び付きだけでもある程度は埋められるものですよね。

そこで掲示板の書き込みや女性へのメールでは

「毎日一人で寂しく過ごしています。
同じような方、限られた時間だけでも一緒に過ごしませんか?」

「寂しいもの同士でイチャイチャしたりしませんか?」

「大人の関係だけど、一緒にいるときだけは恋人気分で過ごせる方募集中です」

など、女性が求めるポイントを押さえて遠回しにエッチの相手を募集するのが良いですね。
これだと女性も返信しやすいです。

また自分のプロフィールを埋めたり写真を載せるのを忘れないようにしましょう。

エッチだけの相手だとしても、素性の全くわからない相手と過ごす気にはなれません。

私がサイトで知り合って実際にエッチをした男性は、みんなプロフィールがしっかり埋められていて写真は顔がちゃんとわかる方でしたよ。

どの方も決してイケメンというわけではありませんでしたが、紳士的で清潔感のある方だったので楽しく過ごすことができました。

チェックポイント サイトでセフレを探すなら男性からしっかりとアピールしましょう。
女性の寂しさへアプローチできる紳士的な内容を心がけてくださいね。


女性が教えるセフレの作り方のまとめ

セフレは一度できると気軽にエッチを楽しめるので、欲しがる男性は多いですよね。

女性にもエッチ好きな人はちゃんといますが、知り合いに手を出すと取り返しがつかないことになってしまうかもしれません。

トラブルを避けて後腐れなくエッチを楽しむためには、出会い系サイトを上手に使ってセックスフレンドを探してみましょう

セフレ募集掲示板はこちら

その際には「エッチがしたくても、エッチしようと言われると拒否してしまう」女心を理解して、面倒でも上記のような遠回しな表現を心がけるようにしてくださいね。