不倫容認のワケあり人妻と割り切りセックス!

不倫容認のワケあり人妻と割り切りセックス!

「不倫」は普通に考えればパートナーに絶対内緒。

会う時は秘密厳守…が当たり前ですが、ごく稀にパートナーが出会い系で遊んでいても何も言わない(むしろ推奨しちゃっている)人もいたりします。

欲求不満な人妻と遊んで、相手の旦那さんにバレても問題ない…となれば、こんなに美味しい話はありません。
(バレた時のリスクは大きいですからね^^;)

ただ、このような人と遊ぶ時はしっかり割り切って考えられないと、ちょっと痛い思いをすることもあるので注意が必要です。

「今スグ会いたい」で見つけた割り切り希望の人妻

最初に自分の簡単な紹介です。

  • 35歳 独身 会社員
  • ハピメに登録して半年。
  • 割り切りの出会いは数回あるが、セフレには至らず…。
  • 出会い系を始めたきっかけは結婚を考えていた彼女に振られてから。

振られて以来、なんとなく女性に本気になれなくて…って感じですかね。

本心では結婚相手が欲しいんですが、色々面倒なのもホンネ。
だからと言って風俗やキャバクラ遊びだとイマイチ緊張感が足りない…というか。

で、ハピメで素人の女の子と遊ぶのがちょうど良くて…ってパターンです(笑)
そしてそんな自分の希望通りの相手が見つかりました。

出会いのきっかけはハッピーメールの「今スグ会いたい」の掲示板。
彼女の投稿に自分がメッセージを送ってからです。

ハピメの今すぐ会いたい掲示板で良さそうな投稿


彼女のプロフィールは…

  • 39歳 専業主婦 子供あり
  • 年上の旦那さんとセックスレス状態で、たまにセックスをしても淡白なので欲求不満。
  • 時間は何時でも大丈夫だけど、会う時は短時間のみ。
  • セフレ以上の関係は求めていない。

つまり、100%セフレ目的って事!

実は、以前から人妻とのセフレ関係には興味があったのですが、身近な人に浮気が原因で泥沼離婚をした人がいたので、リスクを考えるとなかなか手が出せないでいました。

しかし、この人は「セフレ以上の関係は求めていない」とはっきり言っているし、ハピメで相手を募集しているなら、多少は慣れている可能性が高いです。

万一、旦那さんにバレても出会い系で知り合ったなら「知らなかった/プロフをちゃんと見ていなかった」で通せばなんとかなるかな?

…と都合の良い事を勝手に考えてメッセージを送信。

1回だけでもリアルな火遊びを経験してみたいな…と妄想を膨らませて返信を待ちました。

すると1時間後に、「最初は条件付きでお願いしてるけど大丈夫?」と短い返信がありました。

やっぱりそっち系か…とは思いましたが、「最初は」のフレーズが引っかかり、とりあえず会ってみようかな…と思い直してアポを取ります。

条件付きを希望する女性の中には、

ケチで変な男を避ける目的で条件をつけている=セフレとして合格なら条件がなくなる

…と聞いたことがあるのでワンチャンスを狙いました(笑)

まさかの会ってその場で即尺→ラブホへ

待ち合わせはその日の15時。
郊外にあるショッピングセンターの駐車場を指定されました。

いくら郊外とはいえ、人が多いところで待ち合わせをすると「誰かに見られるんじゃないかな?」という不安がありました。

しかし彼女の方は慣れた様子で「誰かに見られても人が集まるところの方が誤魔化しやすい」との返事。

どうやらかなり遊び慣れているタイプのようなので、素直に従う事にしました。

ショッピングセンターに着いてメッセージを送ると「地下駐車場のB12に停めてある黒のヴォクシーです」と車のナンバーと一緒に詳しい待ち合わせ場所を指定されました。

待ち合わせはショッピングセンターの地下駐車場


指定された場所は地下駐車場の一番端。
店内への入り口にも遠く、柱の影になっていました。

言われた通り、黒のヴォクシーが止まっていて運転席でスマホをいじっている女性の姿が見えます。

多分、あの人であっているでしょう…という事で、助手席の窓をノックすると車の中に案内されました。


「あの、○○さんですか?メールしていた××です」

「こんにちは。○○です。じゃあ、乗ってもらってもいい?」

「いいんですか。じゃあ失礼します…。なんかこういうと所で待ち合わせってドキドキしますね」

「たまにはドキドキしないとね。こんなおばさんだけどいい?」

「いや、おばさんって…。ほとんど同い年じゃないですか。大丈夫ですよ(笑)」

「じゃあ、早速遊んで貰っちゃおうかな?」

「…ちょっ…ここで?いきなり?さすがにマズくないっすか?」


見た感じは「内田有紀」を色っぽくした感じ。
上品な茶色に染めたショートカットのヘアスタイルが余計にエロい印象でした。

さすがにショッピングセンターの駐車場で昼間っから…と思いましたが、彼女は既にスイッチオン。

わざわざ目立たない所に車を停めていた理由もわかりました。

そのままチンコに手が伸びてきたな…と思っているとファスナーを下げられ、そのまま車内で即尺。
予想以上の展開にすぐに我慢の限界に達してしまうと

「車の中が汚れるとマズイからこのまま…ね?」

と言われ、そのまま口の中へ…

「やっぱり、ここでヤルのってドキドキするね♪でも、これで終わりじゃないでしょ?」

と嬉しそうに笑っていました。
さすがにそのままカーセックス…というわけにもいかず、近くのラブホへ移動。

部屋に入るとすぐ、

「口の中に君の性液が残ってるから歯磨いてくるね♪」

とエロい笑顔を浮かべながら浴室へ向かいました。
最初はソファーに座って待っていましたが、1秒も待てないぐらいソワソワしてしまい、勢い任せに自分も浴室へ。

「ちょっと…何焦っているのよ?」

とは言っていますが、抵抗する様子もなかったのでそのまま抱きしめてキスをすると、手足を絡ませるように抱きついて来てくれました。

40歳前にしては身体も崩れておらず、腰もいい感じにくびれています。

たまらずしゃがみこんで「さっきのお礼」と、クンニをするとハスキーな喘ぎ声をあげて腰をくねらせています。

浴室に響く喘ぎ声を聞いていると我慢が出来なくなり、そのまま挿入しようとしましたが

「ゴムはつけなきゃダメだよ。続きはベッドでね♪」

と軽くかわされてベッドへ…

ラブホで興奮するもセックスまでたっぷり焦らす彼女…スキモノです

フェラで一回抜いていたにも関わらず、興奮が収まる様子も続けて2回セックスをしてやっと一息。

欲求不満な人妻のテクは予想以上で、この日以来すっかり虜になり家に帰ってからも彼女とのセックスが頭から離れませんでした。

週2でセックスするセフレに…なるものの…

彼女の方もまんざらでは無い様子で、それ以降は週2回ペースで会うようになってそのままセフレに。
最初に言われていた条件も2回目からは何も言われませんでした。

残念だったのが、直アドの交換と自分のアパートに来てもらう事はNG。

付き合いも3ヶ月を過ぎ、セックスをした回数も20回は超えていたのでそれぐらいは…と思いましたが、毎回やんわり断られ続けました。

とは言え別れの気配は一切なく、逆にお互いの気持ちのいいポイントを熟知するようになっていくのが肌でわかるのでますます泥沼にハマっていく感じです。


「そういえばさ、旦那さんは何も言わないの?ホントに気付いていないの?」

「身近な人と浮気されるぐらいなら…って感じで黙認されている感じかな?気が付いてはいるよ。」

「それでも離婚って話にならないんだ…。なんかすごいね。俺だったら…。」

「家庭を壊さない…って暗黙のルールかな?だからそれ以上は言わないで。」

「…わっかんねーなぁ…。」


自分でも薄々感じてはいましたが、美味しいセフレの関係だったはずなのに情が移ってしまったと言うか、独占欲というか…

早い話が惚れちゃったんですよね(苦笑)

嫉妬と興奮と嫌悪感と色々な感情が混じってしまい、ついついセックスがいつも以上に乱暴になってしまった感がありましたね。

セフレのルールを破った自分が悪いのは明白なので反省

その日を最後に、彼女とは音信不通になりました…

覆水盆に返らず…

終わってみれば、最初に「セフレ以上は求めていない」と言われていた通りの結果。

自分が本気になりかけていたのを悟られてしまい、見切りをつけられた…って感じですかね。

遊びは遊び…と割り切って考えていられるうちは美味しい関係だったのですが。
(旦那さんも気が付いていても何も言わないという点も含めて)

好みのタイプで相性も良かった上、会う回数が多かったのでちょっと勘違いしてしまったのが反省点です。

やっぱり割り切りで人妻と遊ぶときは、情がうつらないように気をつけないといけませんね…

セフレなのに思わず本気になってしまう出会い系→ハッピーメール


セフレ体験談